【一般社団法人 事業性評価教育振興会】

 

【「事業性評価ファイナンス」教育の社会的な意義】

 成長戦略の展開を踏まえ、企業の良し悪しを評価するには、「企業の事業性」、つまり「将来利益獲得能力」を合理的に分析・評価することが必要であるという観点から、そのための具体的な分析・評価の知識・ノウハウの普及を行います。

 セミナー等による「事業性評価士資格取得講座」の提供により、事業性の分析・評価を担える人材を育成します。又、事業性評価に関する高度な知識を持ち、企業・金融機関・投資家の橋渡しができる人材を「事業性評価士」「事業性鑑定士」として認定することで、質の高い人材の育成を目指します。

 


【一般社団法人 事業性評価教育振興会について】

 一般社団法人 事業性評価教育振興会は、企業の事業性、つまり持続的利益獲得能力を合理的に分析・評価するための知識・ノウハウの普及を行うための組織です。

 事業性を合理的に評価する知識の普及により、事業性を軸に将来性ある中小企業への融資(事業性評価ファイナンス)を行い、もって事業性評価の振興を図ることを後押し、企業の持続的な発展と円滑な事業実施および経済の活性化に資することを目指します。

 

<「事業性評価ファイナンス」教育のメリット>

企業のメリット

・自社の強さと将来性のアピールとなる。

・取引先(金融機関、企業)との信頼関係の構築に役立つ

 

金融機関のメリット

・融資の安全性に関する資料となる。

・取引先の信頼性に関する資料となり、ビジネスマッチングの可能性を広げる。

 

投資家のメリット

・企業の長期的な利益獲得能力に関する資料となる。

・投資判断に役立つ資料となる。

 

事業性評価士

・企業診断ツールとして成長を図るため、伴走型の支

 援が出来る。

・金融機関、投資家への橋渡しが行える。

 


【活動内容】

事業性評価教育振興会は、事業性評価、統合報告、事業性評価ファイナンスの普及を目的として、以下の活動を行います。

項目 内容
 知識の啓発と普及

 事業性評価ファイナンス教育

セミナー・イベントの開催

広告及び、広報活動(事業性評価ファイナンスの認知普及活動)

事業性評価士の教育と資格認定試験の実施 事業性評価に関する高い専門能力をもつ人材を事業性評価士として認定し、質の高い事業性評価の普及を促進します。
調査・情報提供 事業性ファイナンスの普及、広報活動推進の一助とすることを主な目的として、国内外の事例調査等を実施し、情報提供を行います。
国内外の関係機関との交流 各国・地域の事業性評価・統合報告推進組織と積極的に交流し、事業性評価と統合報告の普及及び、事業性評価能力向上のための教育の質の向上を目指します。
書籍の発行 事業性評価、統合報告、事業性評価ファイナンスを学ぶための入門書、テキスト、問題集等の制作・発行を行ないます。